たまにしか行けない別荘を上手くメンテナンスする方法

たまにしか行けない別荘を上手くメンテナンスする方法


別荘はメンテナンスに注意が必要

自宅以外にセカンドハウスを持ち、週末などに都会の喧騒を離れ、1人でゆったりと過ごせたら素晴らしいと考える人は多いでしょう。しかし、たまにしか行けない家は傷みやすく、別荘も頻繁に訪れて維持管理することが必要です。具体的には、窓を開けて換気を行い、室内のあちこちに巣食った虫たちを駆除しなければなりません。こうした作業は、少なくとも月に1回は必要でしょう。夏場は湿気がこもってカビやすいし、冬季は野生動物が侵入する可能性があります。庭の雑草の成長も目覚ましく、しょっちゅう草取りに訪れることが望ましいでしょう。

貸し別荘として他人に貸し出そう!

実際に別荘を購入してみると、頻繁に別荘へ行くことは容易ではないと気付くでしょう。たまに行けたとしても、別荘の清掃と修理だけでせっかくの休日が終わってしまうことも少なくありません。めったに訪れなくても、別荘を良好な状態に保つ方法としては、管理料とは別に料金を払って、室内を清掃してもらうなど管理を委託する方法が挙げられます。ただし、この方法を重ねると、管理会社に支払う料金の金額もバカにならないでしょう。

そこで、貸し別荘として他人に貸し出す方法がおすすめです。貸し別荘として客に利用してもらえば、管理会社がきちんとメンテナンスしてくれるのです。貸し別荘の場合は、管理会社に料金を支払うどころか、逆にオーナーが報酬を得られます。貸し別荘として貸し出す際には、私物を1室に集めて鍵をかけるといった手続きが必要になりますが、長期にわたり空き家になることがなく、いつ訪れてもすぐに使える状態が保たれているでしょう。

八ヶ岳の別荘は、週末には多くの利用者で賑わいます。例えば、周辺の学校も、不登校はほぼゼロで、さらに中学3年までは医療費無料、自然豊かな環境は子育てにも最適だと好評です。